ビットコイン ブロックチェーン 初心者向き 基礎

買ってるだけ?仮想通貨取引量ランキング5選とその特徴

投稿日:2017年10月25日 更新日:

はじめに

現在、世界では数百を超える仮想通貨が発行されており、日本でも法整備が進んで通貨として認められるなど、盛り上がりを見せています。今回は数百ある仮想通貨の、取引量ランキングトップ5の特徴を紹介します。

ランキング第1位BTC(ビットコイン)の特徴

ビットコインはブロックチェーン技術という画期的な技術を応用した、データの改ざんが極めて難しく発行主体がいない分散通貨です。ビットコインにおける新しい通貨の発行や、取引の詳細情報のすべてがネット上に分散・保存されます。ひとつの大きな取引台帳が存在しているイメージです。

ランキング第2位Ethereum(イーサリアム)の特徴

イーサリアムは、スマートコントラクトという技術を利用しているのが特徴です。 取引で行われる契約を自動で実行・保存する機能で、この機能を使うと、誰にいつ送金するといった契約内容を自動的に実行します。実行内容はネット上に保存されます。 中央機関を介さずに契約内容を自動的に実行できるという点が、イーサリアムの大きな特徴です。

ランキング第3位Ripple(リップル)の特徴

リップルの特徴は、ブリッジ機能があることです。この機能で、ビットコインのような単一のオンライン通貨ではなく、リップル内でドルやユーロ、円などの法定通貨はもちろんのこと、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨と交換することもできます。リップルが中間通貨の役割を果たし、他の通貨との送受信を素早く行うことができるのです。

ランキング第4位ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュは、ビットコインが分裂してできた新しい仮想通貨です。ビットコインの特徴をそのまま受け継ぎ、1ブロックの取引量が1MBから8MBに拡張、ハードウェアウォレットの安全性が向上など、いくつかの機能が新たに加わっています。 ビットコインはもともと、取引量が増えてきたことによる取引スピードの低下など、スケーラビリティが問題になっていました。 ブロックサイズの上限を8MBに拡大することにより、取引速度低下の問題を解決できるとして、生み出されました。

ランキング第5位Litecoin(ライトコイン)の特徴

ライトコインの特徴は、送金時間が短いことです。ビットコインの送金には約10分の時間を必要とします。対してライトコインは約2.5分で取引でき、日常的な支払いでも利便性を損なうことなく利用することが期待されています。

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨にはそれぞれ特徴があり、これからもさらに便利な機能がついたものが出てくることでしょう。近年はメディアにも取り上げられるようになり、徐々に日常に溶け込んできています。これからますます盛り上がり、進化していくことに期待です。

イベント情報をチェック

-ビットコイン, ブロックチェーン, 初心者向き, 基礎

関連記事

簡単解説!ビットコインが不正や情報の改ざんを防ぐ理由

はじめに 暗号通貨業界の牽引役であるビットコインですが、どんな仕組みで動いているかについて、よく知らない方も多いのではないでしょうか。 ネット検索をかければ、Proof of Work(以下PoW)を …

ザッカーバーグの因縁の相手ウィンクルボス兄弟が目論むビットコイン上場投資信託(ETF)とは

はじめに ハーバード大学の学生専用コミュニティ「ハーバード・コネクション」の原型となるアイデアを考えたと言われて入れている「ウィンクルボス兄弟」は、Facebook社の創業者ザッカーバーグ氏に全サービ …

イスラエル中央銀行が暗号通貨の導入を検討

財務省と中央銀行が暗号通貨の導入を検討中 イスラエル財務省とイスラエル銀行による、国家が主体となる暗号通過の導入を検討中であると、匿名を条件にインタビューに応じた3名の政府当局者により語られました。イ …

BigchainDBとは何か? 「EXE Whitepaper #1 ブロックチェーンホワイトペーパーを読もう!」

Blockchain EXE Whitepaper#1 「BigchainDBとは何か?」 Blockchain EXE Whitepaper は、ブロックチェーン関連のホワイトペーパーを参加者同士で …

将来性はあるのか!?世界各国のブロックチェーン技術開発への取り組みまとめ

テクノロジーは一般化していく インターネットが世の中を変えたように、ブロックチェーン技術も世の中に大きな影響を及ぼそうとしています。 インターネット通信での電話、クラウドでのデータ共有、githubに …