fbpx

Fintech ICO ビットコイン 仮想通貨 企業 法律 海外

フィリピンSECがICOを有価証券とする声明〜拡がるビットコインの可能性〜

投稿日:2017年11月28日 更新日:

経済発展の著しいフィリピン

平均年齢が23歳と、ベトナムなど周辺国に比べ圧倒的に若いフィリピンの経済成長率は大きく注目されています。The World in 2050From the Top 30 to the Top 100

そんな発展著しいフィリピンが仮想通貨に対する動きを見せました。

フィリピンSECがICOを有価証券とする声明

フィリピン証券取引等委員会(SEC)の理事であるアキノ氏は「仮想通貨を使用した資金調達法のICOを有価証券とみなし2008年に国内で制定した証券規制法を適用する。これは米国のSECとマレーシア、香港、タイなどにより可決されている規制を基にしている」と発表しました。

http://blocktribune.com/より

今後、具体的な国内の動きがどうなるのか見えない部分も多いですが、仮想通貨に対する関心の高さが伺えます。

フィリピンの現状と仮想通貨の可能性

現在、フィリピン国内でビットコインを法定通貨に交換する際、手数料が高すぎるため使い物になりません。

一方、過激な発言で注目を浴びているドゥテルテが大統領に就任後、今まで厳しかった国外企業の規制緩和や治安改善などの後押しによって国内経済は更に伸びています。

ティッシュ配りの受け取り率が99%なほど、フィリピン人は好奇心旺盛な国民柄です。彼らから仮想通貨に関して聞かれる事も増えてきました。

フィリピン人は国外で稼いで家族に給料を送金している人が多いため、今後仮想通貨に関する法整備をポジティブに進める可能性は十分あり、市場そのもののポテンシャルも高いと言えます。

今後、フィリピンの動向に大いに注目です。

イベント情報をチェック

-Fintech, ICO, ビットコイン, 仮想通貨, 企業, 法律, 海外

関連記事

ビットコインの歴史〜誕生から現在まで〜

はじめに メディアでビットコインが取り上げられる機会が増え、仮想通貨市場は盛り上がっています。大手企業も続々参入し、利用環境が着々と整えられています。 ビットコインはどのように誕生し、どのように成長し …

仮想通貨取引所のハッキングの歴史(世界編)

海外でもハッキングが多発 とにかくハッキングが多い仮想通貨 2011/2014年のMt. Goxや今年起こったcoincheckの事件など、日本国内でもハッキングの事件は後を絶ちません。もちろんハッキ …

【Blockchain EXE #19 ブロックチェーン導入企業ユースケース特集4】「ブロックチェーンを活用した不動産管理システムでめざす未来 」田原 陽一|積水ハウス株式会社

【ブロックチェーン導入企業 ユースケース特集】日本はブロックチェーンの技術大国になれるのか? | Blockchain EXE #19 19回目となるBlockchain EXEのテーマは『企業 x …

買ってるだけ?仮想通貨取引量ランキング5選とその特徴

はじめに 現在、世界では数百を超える仮想通貨が発行されており、日本でも法整備が進んで通貨として認められるなど、盛り上がりを見せています。今回は数百ある仮想通貨の、取引量ランキングトップ5の特徴を紹介し …

代替不可能(Non-FungibleToken)なERC721トークンによるEthereumの新たな可能性

Ethereum上のトークン規格 2018年1月時点、時価総額2位の仮想通貨です。Ethereumはプログラムをブロックチェーン上で実行できるプラットフォームとして存在しており、その性質を活かして、E …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ