fbpx

Fintech ICO ビットコイン 仮想通貨 企業 法律 海外

フィリピンSECがICOを有価証券とする声明〜拡がるビットコインの可能性〜

投稿日:2017年11月28日 更新日:

経済発展の著しいフィリピン

平均年齢が23歳と、ベトナムなど周辺国に比べ圧倒的に若いフィリピンの経済成長率は大きく注目されています。The World in 2050From the Top 30 to the Top 100

そんな発展著しいフィリピンが仮想通貨に対する動きを見せました。

フィリピンSECがICOを有価証券とする声明

フィリピン証券取引等委員会(SEC)の理事であるアキノ氏は「仮想通貨を使用した資金調達法のICOを有価証券とみなし2008年に国内で制定した証券規制法を適用する。これは米国のSECとマレーシア、香港、タイなどにより可決されている規制を基にしている」と発表しました。

http://blocktribune.com/より

今後、具体的な国内の動きがどうなるのか見えない部分も多いですが、仮想通貨に対する関心の高さが伺えます。

フィリピンの現状と仮想通貨の可能性

現在、フィリピン国内でビットコインを法定通貨に交換する際、手数料が高すぎるため使い物になりません。

一方、過激な発言で注目を浴びているドゥテルテが大統領に就任後、今まで厳しかった国外企業の規制緩和や治安改善などの後押しによって国内経済は更に伸びています。

ティッシュ配りの受け取り率が99%なほど、フィリピン人は好奇心旺盛な国民柄です。彼らから仮想通貨に関して聞かれる事も増えてきました。

フィリピン人は国外で稼いで家族に給料を送金している人が多いため、今後仮想通貨に関する法整備をポジティブに進める可能性は十分あり、市場そのもののポテンシャルも高いと言えます。

今後、フィリピンの動向に大いに注目です。

イベント情報をチェック

-Fintech, ICO, ビットコイン, 仮想通貨, 企業, 法律, 海外

関連記事

SECが仮想通貨のインサイダー取引や価格操作を行う人を密告したら報酬を渡す声明!進む社会整備

米規制当局のスタンス SECは仮想通貨に肯定的見解か? 2月6日、SEC(米国証券取引委員会)は米国議会と初の会合を行いました。この会合が開かれるまでは、仮想通貨投資家らから不安視する声がありましたが …

シンガポール金融管理当局MASがブロックチェーンサービスの導入を開始

はじめに シンガポール金融管理局・通称MASが2017年10月5日、ブロックチェーン技術/DLT(分散台帳技術)を利用したサービスの開発内容を発表しました。 ブロックチェーン/DLTは金融業界全体のイ …

Blockchain EXE、3月にサンフランシスコで世界最大手ブロックチェーン企業ConsenSysと二度目の共同イベント開催!

Blockchain EXE、3月にサンフランシスコで世界最大手ブロックチェーン企業ConsenSysと二度目の共同イベント開催 Blockchain EXEは、世界最大手のブロックチェーン企業である …

PoWとPoSの違いとは?〜ブロックチェーンを支える合意形成の仕組み〜

ブロックチェーンを支えているPoWとPoSの違いを説明できますか? 近年、世間を大きく賑わせている仮想通貨。 仮想通貨にはブロックチェーン技術というものが使われています。 合意形成アルゴリズムとし使わ …

ディズニーがICOに参入!?彼らが目指すブロックチェーンプラットフォームとは

ディズニーがブロックチェーン技術を開発 ミッキーマウスやドナルドなど、大人気キャラクターでおなじみのディズニーがオープンソース型のブロックチェーン、「dragonchain」を開発しました。 これまで …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ