Fintech ICO ビットコイン 仮想通貨 企業 法律 海外

フィリピンSECがICOを有価証券とする声明〜拡がるビットコインの可能性〜

投稿日:2017年11月28日 更新日:

経済発展の著しいフィリピン

平均年齢が23歳と、ベトナムなど周辺国に比べ圧倒的に若いフィリピンの経済成長率は大きく注目されています。The World in 2050From the Top 30 to the Top 100

そんな発展著しいフィリピンが仮想通貨に対する動きを見せました。

フィリピンSECがICOを有価証券とする声明

フィリピン証券取引等委員会(SEC)の理事であるアキノ氏は「仮想通貨を使用した資金調達法のICOを有価証券とみなし2008年に国内で制定した証券規制法を適用する。これは米国のSECとマレーシア、香港、タイなどにより可決されている規制を基にしている」と発表しました。

http://blocktribune.com/より

今後、具体的な国内の動きがどうなるのか見えない部分も多いですが、仮想通貨に対する関心の高さが伺えます。

フィリピンの現状と仮想通貨の可能性

現在、フィリピン国内でビットコインを法定通貨に交換する際、手数料が高すぎるため使い物になりません。

一方、過激な発言で注目を浴びているドゥテルテが大統領に就任後、今まで厳しかった国外企業の規制緩和や治安改善などの後押しによって国内経済は更に伸びています。

ティッシュ配りの受け取り率が99%なほど、フィリピン人は好奇心旺盛な国民柄です。彼らから仮想通貨に関して聞かれる事も増えてきました。

フィリピン人は国外で稼いで家族に給料を送金している人が多いため、今後仮想通貨に関する法整備をポジティブに進める可能性は十分あり、市場そのもののポテンシャルも高いと言えます。

今後、フィリピンの動向に大いに注目です。

-Fintech, ICO, ビットコイン, 仮想通貨, 企業, 法律, 海外

関連記事

ICOの現状と未来のブロックチェーンエコノミー

成功事例の少ないICO Financial Timesより 上図はICOの失敗の数を示した図です。ICO後に雲隠れするといったニュースが報道されているように、上手くいっていないプロジェクトは多数ありま …

簡単解説!ビットコインが不正や情報の改ざんを防ぐ理由

はじめに 暗号通貨業界の牽引役であるビットコインですが、どんな仕組みで動いているかについて、よく知らない方も多いのではないでしょうか。 ネット検索をかければ、Proof of Work(以下PoW)を …

BlockchainEXE第6回イベント:ブロックチェーンプラットフォームの最新動向と開発コミュニティ

第6回ブロックチェーンイベント ブロックチェーン関連分野における技術共有、発展、応用に重きをおいたMeetupイベント、Blockchain EXE第6回が、渋谷ヒカリエにて行われました。 EXE#6 …

国内のおすすめブロックチェーン勉強会・イベント・セミナー7選(17年12月版)

はじめに 仮想通貨による投資セミナーのような勉強会ではなく、「今業界で何が起きているのか?」「ブロックチェーンの仕組みを理解する」という部分に重きをおいたイベントをまとめました。 「〜ICO25百万ド …

ビットコインの未来はどうなる!?国別の仮想通貨への法律見解2017

はじめに 仮想通貨の法的な取り扱いは国によって大きく違います。また、試行錯誤しながら急激なスピードで法整備が進んでいます。 主要な国々の仮想通貨の法整備はどうなっているのか見ていきましょう。 世界の仮 …