fbpx

Ethereum Fintech ハッキング ビットコイン ブロックチェーン

仮想通貨取引所のハッキングの歴史(世界編)

投稿日:2018年5月14日 更新日:

海外でもハッキングが多発

とにかくハッキングが多い仮想通貨

2011/2014年のMt. Goxや今年起こったcoincheckの事件など、日本国内でもハッキングの事件は後を絶ちません。もちろんハッキング事件が多いのは日本だけではなく、世界中でもハッキング事件は起きています。

今回は、海外でどんなハッキング事件が起きてきたのか、その歴史を見てみましょう。

2012年9月 Bitfloor

被害総額 24,000BTC
時価総額 25万ドル

Bitfloorはアメリカの取引所でしたが、2012年9月、ハッキングの被害に遭いました。ユーザーに対して補償をしましたが、最終的には2013年4月には閉鎖を発表。ハッキングの原因は、ユーザーの秘密鍵をバックアップする際、オンライン上で暗号化せずに保管していたこと。

仮想通貨取引所は昔からハッカーに狙われているというのがよく分かる事例の一つです。

2014年3月 Poloniex

被害総額 97BTC
時価総額 55万ドル

現在も運営を続けている取引所、Poloniexは2014年3月に97BTCを盗まれる被害に遭っています。奇しくも、同年2月末にMt. Goxが破産手続きを申請した直後でした。Poloniex取引所の出金コードの脆弱性を狙われ、不正出金されました。運営は当初、全ユーザーの資産を12.3%削減すると発表しましたが、最終的には全額返済したそうです。

Poloniexはその後も「ハッキングがあったのでは?」と度々指摘されていますが、公式には認めていません。

2015年1月 Bitstamp

被害総額 19,000BTC
時価総額 500万ドル

Bitstampからは、日本円にして約6億円に相当する500万ドルのビットコインが流出しました。送金時に使用する公開鍵。その乱数の生成が不完全であったため、逆算が容易であり、秘密鍵が流出した可能性があります(公開鍵の生成の際に自身の取引であることを証明するために秘密鍵が含まれるのです)。

これはビットコイン自身の弱点であるRNG脆弱性を突いた攻撃であったと言えそうです。

2016年8月 Bitfinex

被害総額 120,000BTC
時価総額 6,600万ドル

大手取引所であるBitfinexも取扱い全体の36%にあたる6600万ドル、日本円にして71億円相当のビットコインの被害を受けています。Bitfinexはこれに対し、BFXという債務トークンを発行し、ユーザーに付与。同取引所は2017年に全トークンをBFXあたり1ドルで買い戻し終え、完済しました。

Bitfinexのこの対応には、様々な賛否があります。

2018年2月 BitGrail

被害総額 17,000,000XRB
時価総額 1億7000万ドル

今年に入ってからは、coincheckに続き、イタリアのBitGrailで当時時価総額ランキング24位の仮想通貨NANOが盗まれました。このハッキングの発表により、NANOは11.8ドル/XRBから10.4ドル/XRBまで急激に下落しました。

まとめ

仮想通貨にハッキングは付きもの

これまで見てきたように、仮想通貨取引所は常にハッカーたちに虎視眈々と狙われています。ユーザー自身の防衛策としては、すぐに取引するつもりのない仮想通貨はハードウェアウォレットなど自分で管理することが必要になりそうですね。(くれぐれも送金先アドレスを間違えてGOXしないように・・・)

Binanceでもハッキング疑惑

2018年3月8日、海外の大手仮想通貨取引所、Binanceがハッキングされたのでは?!と激震が走りました。これを受け、BTCは一時10%下落するなどの動きを見せたので、記憶にあたらしい方も多いのではないでしょうか。Binance騒動は、取引所がハッキングされたわけではなく、ボットが乗っ取られたことが原因で、不正にPumpしたため、自動アラームによって停止したようです。

結局、ハッカーは利益を手に入れるどころか、ハッカー自身の資金もBinance Charityへ寄付されるという結末になりました。

一刻も早く、仮想通貨に対する社会基盤が成熟することを願うのみです。

イベント情報をチェック

-Ethereum, Fintech, ハッキング, ビットコイン, ブロックチェーン

関連記事

初心者からエンジニアまで!Blockchain EXE主催のブロックチェーンイベント予定一覧(1月)

2018年は初の海外&地方開催を行います! 2017年は100名の参加者を超える毎月のミートアップやブロックチェーン初心者を対象にした少人数制勉強会「Blockchain Lite」、Wir …

注目のブロックチェーンサービス!? Timebank(タイムバンク)がCOMSAでICOを検討

はじめに 株式会社メタップスは、個人の持つ時間を10秒単位で自由に売買可能な時間取引所「タイムバンク」が、テックビューロ社が提供するICO(Initial Coin Offering)ソリューション「 …

世界はスマートになっている?AI x ブロックチェーン企業が取り組む次世代テクノロジー | Blockchain EXE in シンガポール 8.21

AI事業を手がける企業が集ったBlockchain EXEシンガポール開催 2回目のシンガポール開催となったBlockchain EXEは、AI技術の実績を持った企業が集まりました。AIやブロックチェ …

中国とブロックチェーンのこれから

経済大国中国と進むブロックチェーン開発 ビットコインの構成要素として開発されたブロックチェーンという技術は、FinTechなど金融分野への活用が見込まれています。キャッシュレス化が日本よりも進む中国に …

PoWとPoSの違いとは?〜ブロックチェーンを支える合意形成の仕組み〜

ブロックチェーンを支えているPoWとPoSの違いを説明できますか? 近年、世間を大きく賑わせている仮想通貨。 仮想通貨にはブロックチェーン技術というものが使われています。 合意形成アルゴリズムとし使わ …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ