fbpx

Fintech エンジニア ブロックチェーン 応用 技術

COSMOSとは?第二次ブロックチェーンブームを巻き起す!?

投稿日:

新しいブロックチェーンの波を作るCOSMOS

仮想通貨が盛り上がりを見せるとともに、数多くのブロックチェーン・トークンが登場しました。

現状、異なるブロックチェーンの間ではトークンを移動させることができないので、トークンを別のトークンと交換する時には取引所を利用して売買しなければなりません。

ブロックチェーン間の互換性がない状態はとても非効率です。

そこで、この問題を解決するためにCOSMOSというプロジェクトが誕生しました。

COSMOSのネットワークを利用し、異なるブロックチェーン間でもトークンを移動できるようにすることを目指しています。

COSMOSとは

COSMOSは「クロスチェーン」という、異なるブロックチェーンをつなぐ技術を実現するためのプロジェクトです

COSMOSのネットワークでは、ハブとゾーンという2種類のブロックチェーンが存在し、ハブを中心としてさまざまなゾーンを接続することができます。

ゾーン同士が互いに接続しなくても、ハブと接続していれば任意のゾーンとトークンの送受信を行うことが可能です。

例えばビットコインのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンがゾーンとしてハブに繋がっていれば、取引所を介さずにビットコインブロックチェーンのトークンをイーサリアムのブロックチェーンに送信する、という使い方ができます。

COSMOSはどのような仕組みで動いているのか

COSMOSのハブは複数のブロックチェーンと同期して情報収集を行い、収集された情報をもとにゾーンが別のブロックチェーンへとトークンを送信します。

こうすることで、異なるブロックチェーン間でのトークンのやり取りが可能になります。

ハブを通じて外部のブロックチェーンから送られてきた情報はIBCパケットという単位に変換され、ゾーンから他のブロックチェーンへ、または他のブロックチェーンからゾーンへと互いに情報を送受信できます。

COSMOSで採用されたTendermint

ハブとゾーンにはCOSMOSのTendermintというアルゴリズムが使われていて、高速なトランザクションの処理が可能です。

COSMOSのメリット

COSMOSで複数のブロックチェーンをつなぐことが可能になれば、仮想通貨決済の利便性がさらに高まります。

単一のブロックチェーンでは不可能なことも、ハブを通じて接続された各ゾーンの機能を使えば、前述のようにイーサリアムのスマートコントラクトを実行してビットコインを移動させるというようなこともできます。

複数のブロックチェーンをつなぐことができれば決済の利便性が高まるだけでなく、今後さまざまな分野において利便性を発揮することになるでしょう。

COSMOSのデメリット

メリットもあればデメリットもあります。

COSMOSはPoSを採用しているため、悪意を持った組織が莫大な資金を投じてネットワークを攻撃する恐れがあります。

この攻撃の影響はCOSMOSだけでなく、接続されている他のブロックチェーンにも影響を与えかねません。

ブロックチェーンをすべて繋げるということは、利便性が高まる一方で、1つのブロックチェーンが攻撃されればすべてが連動して影響を受けてしまう可能性があるということです。

なのでサイバー攻撃に対するセキュリティ対策は大きな課題といえるでしょう。

セキュリティ強度を高めて実運用にまで持っていけるかどうかは、COSMOSにとって重要なポイントになっています。

まとめ

COSMOSはブロックチェーン間に互換性を持たせ、シームレスなトークンの移動の実現を目指しています。

課題を解決し、COSMOSが実現すれば流動性が増して、さらに仮想通貨が盛り上がっていくことでしょう。

COSMOSのこれからに期待です。

イベント情報をチェック

-Fintech, エンジニア, ブロックチェーン, 応用, 技術

関連記事

イスラエルがビットコインを課税対象に!先進国の課税状況とは?

ビットコインは資産? 「通貨」ではなく「資産」 イスラエル政府は2月19日、「仮想通貨は資産とみなし、その販売は売却にあたり、売却による利益は資本所得と分類される」とする考えを示しました。 つまり、仮 …

【10月 Blockchain EXE】実装から法律まで内容盛りだくさんの豪華ブロックチェーンイベント!

実装から法律まで!10月のブロックチェーンイベント! 10月のBlockchain EXEは内容盛りだくさん。日本国内・外から専門家をお招きして、豪華イベントを開催します! ブロックチェーン技術のビジ …

初心者からエンジニアまで!Blockchain EXE主催のブロックチェーンイベント予定一覧(1月)

2018年は初の海外&地方開催を行います! 2017年は100名の参加者を超える毎月のミートアップやブロックチェーン初心者を対象にした少人数制勉強会「Blockchain Lite」、Wir …

シンガポール金融管理当局MASがブロックチェーンサービスの導入を開始

はじめに シンガポール金融管理局・通称MASが2017年10月5日、ブロックチェーン技術/DLT(分散台帳技術)を利用したサービスの開発内容を発表しました。 ブロックチェーン/DLTは金融業界全体のイ …

代替不可能(Non-FungibleToken)なERC721トークンによるEthereumの新たな可能性

Ethereum上のトークン規格 2018年1月時点、時価総額2位の仮想通貨です。Ethereumはプログラムをブロックチェーン上で実行できるプラットフォームとして存在しており、その性質を活かして、E …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ