fbpx

Ethereum ICO ビットコイン ブロックチェーン 基礎 技術

【必読!】ビットコイン、イーサリアム、ブロックチェーン、トークン、そしてICO・・・。なぜ今注目すべきでしょう?(5)

投稿日:2018年5月5日 更新日:

プロトコル、トークン、アプリケーションの登場

スマートコントラクトの一体何が、そんなにすごいのでしょう?

プロトコル

スマートコントラクトがEthereumを用いて作れるという事は、誰でも簡単に新しいプロトコルが作れるということです。 プロトコルは、ネットワーク内のノードが情報を送信する際に使用するルールです。 スマートコントラクトを用いると、複数のノード間で、信頼できる自動化されたルールを作成できます。

ブロックチェーンのプロトコルには、それに関連する固有の「トークン」があると前述しました。このトークンは第三者を通さずに、ネットワーク内の2人のユーザー間で転送できるデジタル資産です。 Bitcoinブロックチェーンの固有トークンはBitcoinであり、Ethereumブロックチェーンの固有トークンはEtherです。

しかし、Ethereumブロックチェーンに固有トークンがあるからと言って、スマートコントラクトで規定されたプロトコルが、この固有トークンを使用する必要があるわけではありません。プロトコルは、単にノード間の通信のためのルールを規定するものである事を忘れないでください。

主に2種類のプロトコルがあります。

  1. ネットワークを成長させる、金銭的インセンティブとして機能する固有トークン
  2. 金銭的インセンティブとしてではなく、ノード間のコミュニケーションのために使用されるトークン

これらを区別するために、最初の種類を「暗号トークンプロトコル(Crypto-token Protocol)」、2番目を「暗号プロトコル(Crypto Protocol)」と呼びましょう。

トークン

続いて、トークンに関してお話したいと思います。

Ethereumで新しいプロトコルを作成できるようになったのと同様に、新しいトークンも作成できるようになりました。

トークンのシステムは少し大雑把に言うと、「AからXを減らし、BにXを与える」という、単純な処理を行うデータベースとして考えることができます。ただ、下記の条件を満たしている必要はあります。

  1. Aはトランザクション前に、少なくともXを所有している
  2. トランザクションはAによって承認された

Ethereumは、この様なトークンの実装を簡単にしました。ERC20トークンによりEthereumコミュティで使われる開発ツール、ウォレット、取引所といったサービスの「標準言語」となりました。

さらに、これらの「非固有トークン」は次のように存在します。

  1. Ethereum上に構築された、独立トークン
  2. 「暗号トークンプロトコル」に紐付けられたトークン
  3. 「暗号プロトコル」に紐付けられたトークン

これらはなぜ重要なのか見ていきましょう。

トークンセール(ICO)

新しいブロックチェーンをローンチさせるのは容易ではありません。ローンチさせるにはかなりの労力が必要です。しかしEthereumの場合、まず独自のブロックチェーンを開発する前にEtherを作成してプレセールを行い、資金調達を行なった後にブロックチェーンの開発を始めました。

これを行なったのはEthereumが初めてではありません。Rippleは2013年に決済システムの開発をする際に、これらの開発費に当てるために約1,000億のXRPトークンを作成し販売しました。

トークンセールとは、ある組織が新しい暗号通貨(すなわちトークン)を、あらかじめ決められた価格で投資家に販売する事で、投資家はその後別の暗号通貨に替えることができます。これらのトークンはニーズがあれば、Bitfinex、GDAX、Liquiといった交換所で交換することができます。

過去のトークンセールは、EthereumやRippleのように新しいブロックチェーンを構築するためのものでしたが、スマートコントラクトにより、スタートアップ企業はブロックチェーンを1から作る必要がなくなり、プロトコルやアプリケーションの開発費用を補填するために使われるようになりました。

プロトコルとアプリケーションの違いについて、説明しましょう。

プロトコル vs アプリケーション

アプリケーションは、1つまたは複数のプロトコルの上に構築できます。 例として、「Decentralized Oracle Protocol」と「Exchange Protocol」という2つのプロトコルの上に構築された、分散型未来予想市場のアプリケーションのAugurが挙げられます。

「Decentralized Oracle Protocol」は金銭的インセンティブの機能を含み、現実社会での出来事に対しコンセンサスを得てネットワークを拡大させる「暗号トークンプロトコル」です。そしてこのプロトコルにはレピュテーション用トークン(REP)が紐付けられています。 一方「Exchange Protocol」は「暗号プロトコル」であり、金銭的インセンティブを目的にしたトークンはありませんが、買い手と売り手の間でトークンを移動させる際のルールとして機能します。

これらのプロトコルは、ある1つのアプリケーションのみに利用を限定する必要はありません。 他のアプリケーションにおいても、これらのプロトコルを用いる事は理論上出来ます。

トークンセールにおけるプロトコル vs アプリケーション

先ほどトークンセールが、プロトコルやアプリケーション開発のために有効活用できることを説明しました。

つまりトークンセールは、下記の開発コストを補填するために実施できます。

  • ブローックチェーン本体(例: Ripple)
  • 既存ブロックチェーンの上に構築された暗号トークンプロトコル
  • 既存ブロックチェーンの上に構築された暗号プロトコル
  • 暗号プロトコルの上に構築されたアプリケーション
  • 暗号トークンプロトコルの上に構築されたアプリケーション
  • 複数のプロトコルの上に構築されたアプリケーション
  • その他アプリケーション

特に最後の点は重要です。なぜならトークンセールを行う際、実際にはアプリケーションをプロトコル上に構築する必要すらないのです。例えば非営利団体を設立してプロジェクトを進行させる際、トークンを発行できます。つまり、従来の中央集権型アプリケーションの資金調達手段としても、トークンセールを行うことはできます。

投資家がこれらのトークンを購入すると、何が起こるのでしょう?

トークンが暗号トークンプロトコルに紐付いている場合、BitcoinやEtherの様な固有トークン同様、プロトコルやネットワークの開発に使用されます。そうでない場合、トークンはもっと一般的な指標として使用されます。

たとえば、分散型ストレージサービスを構築したいとします。スマートコントラクトを用いたストレージのプロトコルを作ることにより、ストレージの提供者と利用者間の、データ形式と価格を定義します。

さて私がこのプロトコルを作った後、トークンセールを行なったとします。プロトコルが広く使用されると、プロトコルの価値が高くなり、結果として紐付けられているトークンの価値が上がります。 さらにこのサービスの開発者として、トークンが株のようにアプリケーション上のサービスの引受権として機能するよう、規定することができます。

つまりトークン作成の仕組みは非常に柔軟で、様々なことを行えるのです。

  • 分散型クレジット・メンバーシップ支払い
  • 損益、資産、負債に対する権利
  • プロトコルやプロジェクトに対する持ち分
  • 投票権

Augur、Antshares、Melonport、Gnosis、Antshareなど、トークンセールを通して資金調達に成功したプロジェクトは数多くあります。これらのプロジェクトに関してもっと知りたい場合は、Whitepaperを読むことをお勧めします。

イベント情報をチェック

-Ethereum, ICO, ビットコイン, ブロックチェーン, 基礎, 技術

関連記事

DAICOとは?イーサリアム創始者のヴィタリック思い描く第二次ICO時代

1:はじめに 仮想通貨に関する情報がニュース等で見聞きされる機会が増えてきました。そして、仮想通貨を使った資金調達方法ICOも注目されています。しかし、ICOには問題もあるようです。そこで、今回はIC …

注目のブロックチェーンサービス!? Timebank(タイムバンク)がCOMSAでICOを検討

はじめに 株式会社メタップスは、個人の持つ時間を10秒単位で自由に売買可能な時間取引所「タイムバンク」が、テックビューロ社が提供するICO(Initial Coin Offering)ソリューション「 …

ビットコインは銀行を破壊するのか?ブロックチェーンの未来と銀行の生存戦略

ビットコインの到来で必要性が増す銀行の生き残り戦略 先日のニュースでJPモルガン社長のジェイミー・ダイモンが「ビットコインは詐欺である」と発言したことを受けて、様々な議論が巻き起こりました。彼の発言を …

ブロックチェーンベンチャーの未来は?〜世界のFintechユニコーン企業5選〜

ブロックチェーンビジネスのヒントになるかもしれないFintechスタートアップ 日本でもここ数年でFintechという言葉が多く使われるようになりました。「ユニコーン」と呼ばれる、評価額10億ドル以上 …

ビットコインは完璧ではない?ブロックチェーン技術の問題からみる4つの主要課題

はじめに ビットコインの技術要素であるブロックチェーンは、仮想通貨だけでなく、様々な分野での適用が期待されています。(どんな分野に期待されているかはこちらをご参考ください。)実際、連日グローバル規模で …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ