fbpx

Fintech ビットコイン ブロックチェーン 仮想通貨

テザー社とBitfinexのUSDTをめぐる疑惑

投稿日:2018年2月16日 更新日:

はじめに

仮想通貨の世界は、値動きなどの不安定さからFUD(恐怖・不安・疑念)が支配する世界です。

2018年に入ってなによりもFUDを煽っているのが、USDTという仮想通貨です。

テザー疑惑、テザー社とBitfinexのUSDTをめぐる疑惑により、仮想通貨の信頼が大きく揺らいでいます。

▼目次

  1. USDT(Tether USD)とは
  2. テザー疑惑とは
  3. テザー社とBitfinexをめぐる疑惑
  4. まとめ

USDT(Tether USD)とは

USDTはテザー社によって運営されている、ドルと連動するペッグ制の仮想通貨です。

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は激しい価値変動をしますが、USDTは価値が変動しないよう設計されています。

ビットコインとドルの取引を銀行で行うには時間も費用もかかってしまいますが、USDTとの取引はシンプルかつ低コスト、さらにスピーディです。

利用者はテザー社に法定通貨を預けると同額のUSDTを発行してもらえるという仕組みになっています。

USDTを換金したい場合は、USDTを入金することで法定通貨を受け取ることができます。

このように、USDT発行量に相当する法定通貨を保有しているという信用で、USDTは成り立っています。

テザー疑惑とは

USDT発行量に相当する法定通貨を保有することでUSDTが米ドルの価格に連動していることを謳っているテザー社ですが、発行額に相当する米ドルを保有していない可能性を指摘されています。

流通しているUSDTと同額の米ドルを保有していないなら、テザー社はいくらでも通貨を発行できます。

ビットコインの価格下落に合わせたタイミングで通貨を新規発行し、ビットコインを買い漁ることができるという可能性も指摘されています。

これがテザー疑惑です。

テザー社が本当に流通額と同額の米ドルを保有しているのであれば、保有者全員がいつでもUSDTを同社に売り戻して同額のドルを入手できます。

この信用がUSDTと米ドルの連動を支えているというわけです。

ツイッターや掲示板、ビットカンファレンスなどで外部監査を通じて米ドルの準備高をテザー社に証明するよう求める声が噴出していました。

しかしテザー社はその要求に応じず、監査に向けて準備していた監査法人フリードマンLLPとの関係を打ち切ったという噂を公式に認めました。

テザー社とBitfinexをめぐる疑惑

これまでもUSDT発行には常に疑惑がつきまとっていました。

1度に50〜100億円規模のUSDTが発行されることがよくありましたが、一体誰がこれだけのUSDTを買っているのか憶測を呼んでいます。

テザー社と共通の株主を持つ世界最大級の仮想通貨取引所であるBitfinexでは、レバレッジをかけた大口取引が観測されていました。

一部からは、テザー社が米ドルの準備高以上のテザーを発行してBitfinexに送金、その後Bitfinexがこれを証拠金としてレバレッジをかけてビットコインの売買をしているのではと推測されています。

つまりビットコイン市場操作の疑惑です。

こういった疑惑を打ち消すためにテザー社は米ニューヨークに本社をおくフリードマンLLPに監査を依頼していたのですが、今回それを打ち切った形になります。

ライトコインの創始者チャーリー・リー氏も、昨年ビットコインが急上昇した局面で米ドルの準備高に裏付けられていないテザー社がビットコイン価格を押し上げている疑惑を指摘、テザー社とBitfinexに対して情報の開示を求めていました。

まとめ

2017年からテザー社とBitfinexは疑惑の的になっており、情報開示を求められてきましたきちんと弁明できていません。

今回のテザー社とフリードマンLLPの関係打ち切りの知らせは、疑惑をさらに深めてしまいました。

2018年2月現在テザー社の現預金は約2400億円あるとされていますが、正式な監査がないのでその真偽を確かめることができません。

もしも疑惑が事実であったなら、ビットコインを含むあらゆる仮想通貨の信頼問題に発展するだけでなく、市場崩壊につながる可能性も大きいです。

果たして疑惑が晴れる日は来るのでしょうか。

イベント情報をチェック

-Fintech, ビットコイン, ブロックチェーン, 仮想通貨

関連記事

ビットコインの歴史〜誕生から現在まで〜

はじめに メディアでビットコインが取り上げられる機会が増え、仮想通貨市場は盛り上がっています。大手企業も続々参入し、利用環境が着々と整えられています。 ビットコインはどのように誕生し、どのように成長し …

買ってるだけ?仮想通貨取引量ランキング5選とその特徴

はじめに 現在、世界では数百を超える仮想通貨が発行されており、日本でも法整備が進んで通貨として認められるなど、盛り上がりを見せています。今回は数百ある仮想通貨の、取引量ランキングトップ5の特徴を紹介し …

Blockchain EXE 第3回イベント「 ブロックチェーンの仕組みと個人情報 ー最新動向とデーター」

第三回ブロックチェーンイベントのレポート こんにちは! 渋谷ヒカリエにてBlockchain EXE ミートアップイベント#3を開催いたしました。第1、2回に続き今回も現場でブロックチェーンに携われて …

EXE11イベント(3) 市場メカニズムを用いたP2P電力融通システム | 田中 謙司 東京大学特任准教授

市場メカニズムを用いたP2P電力融通システム~浦和美園プロジェクトの紹介 | 田中 謙司 東京大学特任准教授 東京大学特任准教授 田中 謙司 マッキンゼー・アンド・カンパニー、投資ファンドの日本産業パ …

企業向けブロックチェーン・ソリューションを考える時の6つの疑問(ConsenSysメディア)

企業向けブロックチェーン・ソリューションを考える時の6つの疑問 ※この投稿はConsenSys社の同意のもと「6 Questions to Ask When Considering Blockchai …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ