fbpx

Fintech ビットコイン 仮想通貨

なぜcoincheckはハッキングされたのか?仮想通貨取引所は安全?

投稿日:2018年2月15日 更新日:

はじめに

2018年1月26日、日本の大手仮想通貨取引所coincheckが何者かにハッキングされ、顧客資産の仮想通貨NEM580億円相当が不正に送金されました。

人類史上最大の盗難とも言われる今回の大事件。

一体なぜ、coincheckはハッキングされてしまったのでしょうか。

事件の詳細

1月26日の2時57分、coincheckのNEMアドレスから顧客資産5億2300XEM(当時のレートでおよそ580億円相当)が送金されました。

11時25 分、NEMの残高が異様に減っていることにcoincheckが気づきます。

その後NEMの入出金を停止、続いて日本円を含む全ての通貨の出金を停止し、クレジットカードやコンビニ入金も停止されました。

様々な憶測が飛ぶ中、23時30分からコインチェックが記者会見を開き、不正アクセスによりNEMが不正出金されたことが正式に明かされました。

なぜNEMがハッキングされたのか

不正出金の原因は2018年2月現在、正式には発表されていません。

しかしNEMはホットウォレットというネットワークに接続された状態のウォレットで管理されており、さらに推奨されていたマルチシグという秘密鍵を分割して複数で管理する技術を実装していませんでした。

記者会見でコインチェックの大塚氏・和田氏はセキュリティを何より優先していたと説明していたものの、マルチシグ実装予定については他に優先事項の高い項目があった、システム的に難易度が高いとの回答でした。

こういったセキュリティの甘さをつかれ、ハッキングを受けて秘密鍵を盗まれ、NEMを不正送金されたと考えられます。

ホットウォレットとコールドウォレット

今回coincheckがNEMを管理していたのはホットウォレットです。

ホットウォレットとは常時ネットワークに接続された環境にあるウォレットのことで、いつでも手軽にビットコインを引き出せるというメリットと、外部からの攻撃によって侵入されてしまうというデメリットがあります。

反対に、ネットワークから隔離された環境にあるウォレットをコールドウォレットと言います。

coincheckのビットコインやイーサリアムなどの通貨はコールドウォレットで保存されていたようです。

コールドウォレットのメリットは鍵の管理をきちんとすれば安全であること、デメリットは送金するのに不便ということです。

シングルシグとマルチシグ

ビットコインは公開鍵(みんなが見ることのできる暗号)と秘密鍵(他人に知られてはいけない暗号)があり、それらを利用することで送金や受け取りをしています。

通常は公開鍵1つ、秘密鍵1つのシングルシグという方式を使っています。シングルシグとはシングルシグネチャの略です。

マルチシグとはマルチシグネチャの略で、秘密鍵を複数に分けて管理する技術のことです。

分割した秘密鍵がそろわないとアクセスできない仕組みになっています。

マルチシグには「2of3」という方式があり、これは秘密鍵を3つに分割しておき、そのうち2つが揃うとアクセスできるという方式です。

まとめ

多くの人を驚かせた、日本の大手仮想取引所の巨額流出事件。

ホットウォレットで管理していて、マルチシグにも対応していなかったというセキュリティの甘さが今回の事件を招いたと思われます。

ホワイトハッカーがすぐに犯人のアドレスをマーキングし、盗難されたNEMの行方は追えているようですがこれからどうなるのかはわかりません。流出したNEMは匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」のサイトを介して、ビットコインなど他の仮想通貨に交換されている疑いもあり、NEMが手元に戻ることは現実的に難しいと言われています。

また、coincheckからNEMを所持していた約26万人に日本円で補償を2月13日より再開することを正式に発表しております。

イベント情報をチェック

-Fintech, ビットコイン, 仮想通貨

関連記事

【Blockchain EXE Legal #2イベント】 ディスカッション『ブロックチェーンと個人情報保護』

ディスカッション 『ブロックチェーンと個人情報保護』 河﨑:まず4つの問いを私の方で投げかけさせていただいて、議論をほぐしていきたいと思っております。1つ目が、個人データにあたるとすると、いろいろな規 …

SECが仮想通貨のインサイダー取引や価格操作を行う人を密告したら報酬を渡す声明!進む社会整備

米規制当局のスタンス SECは仮想通貨に肯定的見解か? 2月6日、SEC(米国証券取引委員会)は米国議会と初の会合を行いました。この会合が開かれるまでは、仮想通貨投資家らから不安視する声がありましたが …

Blockchain EXE、1月にニューヨークで世界最大手ブロックチェーン企業ConsenSysと共同イベント開催

米ブロックチェーン企業最大手ConsenSysと共催 Blockchain EXEは、世界最大手のブロックチェーン企業である米ConsenSys(コンセンシス)と共同で、ブロックチェーンのミートアップ …

ビットコインとビットコインキャッシュの違いとは?

ビットコインとビットコインキャッシュは名前も似ていて、どちらも仮想通貨であることから、両方の違いがあやふやになることがあります。そこで、今回はビットコインとビットコインキャッシュとはどういうものなのか …

代替不可能(Non-FungibleToken)なERC721トークンによるEthereumの新たな可能性

Ethereum上のトークン規格 2018年1月時点、時価総額2位の仮想通貨です。Ethereumはプログラムをブロックチェーン上で実行できるプラットフォームとして存在しており、その性質を活かして、E …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ