Ethereum Fintech エンジニア ブロックチェーン 勉強 基礎

代替不可能(Non-FungibleToken)なERC721トークンによるEthereumの新たな可能性

投稿日:

Ethereum上のトークン規格

2018年1月時点、時価総額2位の仮想通貨です。Ethereumはプログラムをブロックチェーン上で実行できるプラットフォームとして存在しており、その性質を活かして、Ethereum上で多くのプログラムが動いています。

ERC20の由来

Ethereum上でトークン(通貨)を発行するための規格として2015年11月にgithub上で提案され、議論を重ねたあと現在も多く使われているのがERC20という規格です。20番目の提案であったのでERC20と呼ばれています。

▼目次

  1. ブロックチェーンアプリのプラットフォームとなったEthereum
  2. ERC721とは-NFT(Non-FungibleToken)
  3. ERC721トークンの他の応用例
  4. 今後応用が考えられる例

ブロックチェーンアプリケーションのプラットフォームとなったEthereum

トークンの名前を返す関数、トークンの総供給量を返す関数、アカウントの残高を返す関数などが要件として決まっており、それらを実装するとERC20トークンになります。有名なものでは、Augur,OmiseGOといったトークンはERC20準拠です。

EthereumのエクスプローラーであるEtherscanを見ると、26000を超えるERC20トークンが存在が確認されており、この仕様が決まった効用でEthereum上では多くのトークンが流通、プラットフォームとしての価値が向上しました。

ERC20のデメリットを補完するERC223

現在、ERC223という規格も提案されており、これは主に、ユーザーがミスをした場合の救済策をERC20に取り入れたもので、ERC20の考え方と大きく異なものではありません。

ERC721とは-NFT(Non-FungibleToken)

前節で見てきたように、Ethereum上で発行されるトークンはERC20,ERC223という規格がこれまで主流でした。これらは、通貨であるため本質的にFungible(代替可能)なものでした。Aが持っている100トークンはBが持っている100トークンと等価であり、「代替可能」なものです。

ERC721は、各トークンを固有のものとみなします。個々のトークンは分割できず、「メタデータ」と言われる概念が付いています。CryptoKittiesの例を用いて説明します。(※1)

CryptoKittiesの大流行からみるERC721トークンのポテンシャル

CryptoKittiesは2017年の終わりに大流行した、Ethereum上で動かすゲームです。自分だけの猫を育てて、交配させ、猫を売買することができます。たまごっちやダービースタリオンの様なイメージです。CryptoKittiesでは、トークンが猫として位置付けられています。ユーザーが育てる各トークン(猫)は世界に一つしか存在せず、Non-Fungible(代替不可能)なものとして位置付けられます。

Aが持っているトークン(猫)とBが持っているトークン(猫)は代替不可能です。メタデータと言われる概念には血統、誕生日、再交配できるまでの時間などが含まれており、各トークンの固有なデータとして存在しています。ERC721では、数量に1の倍数を設定でき、1つの猫を分割して販売することはできません。CryptoKittiesは「トークン」を「通貨」ではない形で応用して大流行させたサービスになります。数日で100万ドル以上の取引が行われ、一時期、Ethereumのトランザクションを大混雑させました。

ERC721トークンの他の応用例

ERC721トークンの考え方は、CryptoKitties以外にも応用されています。DecentralandというVR技術を利用した3Dプラットフォームのプロジェクトがあります。

Decentralandでは、VR上の資産や取引記録がブロックチェーン上で管理されます。土地を管理するための「LAND」トークンはERC721に準拠した仕様で開発をしようとしています。

ERC721の方法論を受け継ぐと、所有主など土地の属性がメタデータとして保持されるのではないか、と考えられます。(※2)

ERC721で今後応用が考えられる例

ERC721トークンは、他の分野にも応用できる潜在性を持っています。現実世界でNon-Fungible(代替不可能)なものを考えると、土地、カルテ、ゲームアイテムなどに応用できるのではないかと考えられます。

ERC20,ERC223は通貨としての考え方、ERC721はそれ単独がユニークなものを定義する考え方として、それぞれ領分が異なるように思えます。ERC721が公式になり今後主流となるかは不明ですが、ビジネスへの応用を考える際、領域によってはERC721の考え方が当てはまりやすいケースも存在するのではないでしょうか。いずれにしても、ERC721はEthereumの新たな可能性を示したと考えられます。

※1.ERC223,721は2018年1月時点で公式の標準ではなく、まだ議論中です

※2.2018/1/14時点で、Decentralandプロジェクトでは、ERC721を発展させたERC821という仕様を提言しています。

この記事を書いた人
naomasa: 丸の内で働くブロックチェーンエンジニアのブログを運営

イベント情報をチェック

-Ethereum, Fintech, エンジニア, ブロックチェーン, 勉強, 基礎

関連記事

簡単解説!ビットコインが不正や情報の改ざんを防ぐ理由

はじめに 暗号通貨業界の牽引役であるビットコインですが、どんな仕組みで動いているかについて、よく知らない方も多いのではないでしょうか。 ネット検索をかければ、Proof of Work(以下PoW)を …

初の海外開催!ConsenSys & Blockchain EXE 「スマートホームとスマートコントラクトの現状と可能性」

初の海外開催!Blockchain EXE × Consensys in New York 2017年5月に発足し、これまで7回のミートアップを行ってきたBlockchain EXEが、初の海外ミート …

BlockchainEXE#8イベント:ブロックチェーンが作り出すシェアリングエコノミーの本質とは

ブロックチェーンが作り出すシェアリングエコノミーの未来 ブロックチェーン関連分野における技術共有、発展、応用に重きをおいたMeetupイベント、Blockchain EXE第8回が、Lifull Hu …

競合に続きナスダックがビットコイン先物上場を検討!?その目的とは?

ナスダックがビットコインを扱う可能性は十分ある ウォールストリートジャーナル誌によると米取引所であるナスダックが来年2018年の前半期にビットコイン先物取引を上場させる可能性があるようです。 ”匿名を …

Blockchain EXE 第3回イベント「 ブロックチェーンの仕組みと個人情報 ー最新動向とデーター」

第三回ブロックチェーンイベントのレポート こんにちは! 渋谷ヒカリエにてBlockchain EXE ミートアップイベント#3を開催いたしました。第1、2回に続き今回も現場でブロックチェーンに携われて …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ