ビットコイン ブロックチェーン 海外 銀行

イスラエル中央銀行が暗号通貨の導入を検討

投稿日:2017年12月26日 更新日:

財務省と中央銀行が暗号通貨の導入を検討中

イスラエル財務省とイスラエル銀行による、国家が主体となる暗号通過の導入を検討中であると、匿名を条件にインタビューに応じた3名の政府当局者により語られました。イスラエルで問題視されているマネーロンダリングや脱税の原因となる現金依存を減らすことが目的です。

2018年1月に政府へ提出される法律に、国が発行主体となる暗号通貨を合法化する条項の追加を、財務省は検討中。この条項を通じ、仮装通貨の作成と国民への利用促進に向けた可能性を検証していく予定です。

イスラエルの地下経済

イスラエルでは、国内総生産(GDP)の22%程度が地下経済と推計されており、数年前から政府が、現金の流通量を減らす取り組みを続けています。

暗号通貨導入は正しい判断

暗号通貨を導入したからといって、マネーロンダリングや脱税を完璧に防ぐ事は難しいでしょう。しかし現金の管理コストなどを考慮すると、政策によるメリットは大きいと言えます。

»ビットコインによるマネーロンダリングを防ぐことは難しいが、デジタル決済のメリットは大きい

偽札が蔓延した中国で電子決済が浸透したように、今後、イスラエルが暗号通貨決済の先進国になる可能性は十分に考えられます。

source:citech

イベント情報をチェック

-ビットコイン, ブロックチェーン, 海外, 銀行

関連記事

ビットコインは銀行を破壊するのか?ブロックチェーンの未来と銀行の生存戦略

ビットコインの到来で必要性が増す銀行の生き残り戦略 先日のニュースでJPモルガン社長のジェイミー・ダイモンが「ビットコインは詐欺である」と発言したことを受けて、様々な議論が巻き起こりました。彼の発言を …

ブロックチェーン実証実験を行う日本企業。未来のブロックチェーンサービス

拡がるブロックチェーン開発 日本にもFintechの大きな流れがきています。その代表的なテクノロジーとして様々な目的でブロックチェーンの実証実験が行われています。一体、どのような開発が進められているの …

シンガポール金融管理当局MASがブロックチェーンサービスの導入を開始

はじめに シンガポール金融管理局・通称MASが2017年10月5日、ブロックチェーン技術/DLT(分散台帳技術)を利用したサービスの開発内容を発表しました。 ブロックチェーン/DLTは金融業界全体のイ …

BlockchainEXE第7回イベント:2017年総括! 世界のブロックチェーン最新動向と今後の展望

BlockchainEXE第7回イベント:2017年総括! 世界のブロックチェーン最新動向と今後の展望 ブロックチェーン関連分野における技術共有、発展、応用に重きをおいたMeetupイベント、Bloc …

BlockchainEXE第5回イベント : ブロックチェーンとユーザーIDの仕組み–本人認証の未来

第5回ブロックチェーンイベント さて、ブロックチェーン関連分野における技術共有,発展,応用に重きをおいたMeetupイベント、BlockchainEXEも今回で5回目となりました。 今回は、5回目とい …