Fintech ビットコイン 仮想通貨

競合に続きナスダックがビットコイン先物上場を検討!?その目的とは?

投稿日:2017年12月2日 更新日:

ナスダックがビットコインを扱う可能性は十分ある

ウォールストリートジャーナル誌によると米取引所であるナスダックが来年2018年の前半期にビットコイン先物取引を上場させる可能性があるようです。

”匿名を条件に取材に応じた関係者”が情報源ということで100%信ぴょう性のある話ではありませんがアメリカではCMEグループとCBOEグループホールディングスがビットコイン先物の上場を検討しているという情報があり、 米ナスダックも同様の動きを見せる可能性は十分にあります。

(CMEグループは2017年12/1にビットコインの先物上場をする事を正式に発表!)

ハードフォーク問題などを含めたルール作り

現状、ビットコイン取引を行う人とナスダックで取引を行う人のカテゴリー層は異なります(ビットコイン∩株の部分が少ない)。わかりやすく言えばナスダックの方が”大人”が取引を多く行っている。つまり仮にナスダックがビットコイン先物上場を行う時には、プロの投資家達がクリーンな環境で取引を行ってもらうためのルール作りをきっちり進めるだろうという意見があります。

ナスダックの狙いとは

今回ナスダックがビットコイン先物上場を計画している目的としては、他社に遅れをとらないこと、つまりビットコインの取引データを自分たちで所有したいという狙いがあるのではないでしょうか。

「データは21世紀の石油」と言われるように、顧客データ、市場データをとる動きは活発です。彼らのような巨大株式マーケットにとって仮想通貨が無視できない状態になった事は更なる成長を予感させます。

ビットコインが2018年も飛躍の年になるのでしょうか。

-Fintech, ビットコイン, 仮想通貨

関連記事

ブロックチェーン巨大ベンチャーは誕生するのか?〜世界のFintechユニコーン企業5選〜

ブロックチェーンビジネスのヒントになるかもしれないFintechスタートアップ 日本でもここ数年でFintechという言葉が多く使われるようになりました。「ユニコーン」と呼ばれる、評価額10億ドル以上 …

BlockchainEXE第5回イベント : ブロックチェーンとユーザーIDの仕組み–本人認証の未来

第5回ブロックチェーンイベント さて、ブロックチェーン関連分野における技術共有,発展,応用に重きをおいたMeetupイベント、BlockchainEXEも今回で5回目となりました。 今回は、5回目とい …

たった30分でブロックチェーンの概要を理解できる!?動画でブロックチェーン英単語学習

ブロックチェーンやAIなどのトレンド技術は変化が早いため、情報のアップデートを英語でおこなうメリットは非常に大きいです。 しかし、いきなり長文のホワイトペーパーを読むのは時間もかかりますし、眠くもなる …

シンガポール金融管理当局MASがブロックチェーンサービスの導入を開始

はじめに シンガポール金融管理局・通称MASが2017年10月5日、ブロックチェーン技術/DLT(分散台帳技術)を利用したサービスの開発内容を発表しました。 ブロックチェーン/DLTは金融業界全体のイ …

買ってるだけ?仮想通貨取引量ランキング5選とその特徴

はじめに 現在、世界では数百を超える仮想通貨が発行されており、日本でも法整備が進んで通貨として認められるなど、盛り上がりを見せています。今回は数百ある仮想通貨の、取引量ランキングトップ5の特徴を紹介し …