fbpx

Fintech ビットコイン 仮想通貨

競合に続きナスダックがビットコイン先物上場を検討!?その目的とは?

投稿日:2017年12月2日 更新日:

ナスダックがビットコインを扱う可能性は十分ある

ウォールストリートジャーナル誌によると米取引所であるナスダックが来年2018年の前半期にビットコイン先物取引を上場させる可能性があるようです。

”匿名を条件に取材に応じた関係者”が情報源ということで100%信ぴょう性のある話ではありませんがアメリカではCMEグループとCBOEグループホールディングスがビットコイン先物の上場を検討しているという情報があり、 米ナスダックも同様の動きを見せる可能性は十分にあります。

(CMEグループは2017年12/1にビットコインの先物上場をする事を正式に発表!)

ハードフォーク問題などを含めたルール作り

現状、ビットコイン取引を行う人とナスダックで取引を行う人のカテゴリー層は異なります(ビットコイン∩株の部分が少ない)。わかりやすく言えばナスダックの方が”大人”が取引を多く行っている。つまり仮にナスダックがビットコイン先物上場を行う時には、プロの投資家達がクリーンな環境で取引を行ってもらうためのルール作りをきっちり進めるだろうという意見があります。

ナスダックの狙いとは

今回ナスダックがビットコイン先物上場を計画している目的としては、他社に遅れをとらないこと、つまりビットコインの取引データを自分たちで所有したいという狙いがあるのではないでしょうか。

「データは21世紀の石油」と言われるように、顧客データ、市場データをとる動きは活発です。彼らのような巨大株式マーケットにとって仮想通貨が無視できない状態になった事は更なる成長を予感させます。

ビットコインが2018年も飛躍の年になるのでしょうか。

イベント情報をチェック

-Fintech, ビットコイン, 仮想通貨

関連記事

【必読!】ビットコイン、イーサリアム、ブロックチェーン、トークン、そしてICO・・・。なぜ今注目すべきでしょう?(5)

プロトコル、トークン、アプリケーションの登場 スマートコントラクトの一体何が、そんなにすごいのでしょう? プロトコル スマートコントラクトがEthereumを用いて作れるという事は、誰でも簡単に新しい …

ビットコインの未来はどうなる!?国別の仮想通貨への法律見解2017

はじめに 仮想通貨の法的な取り扱いは国によって大きく違います。また、試行錯誤しながら急激なスピードで法整備が進んでいます。 主要な国々の仮想通貨の法整備はどうなっているのか見ていきましょう。 世界の仮 …

どうなる法規制!?ICOの現状とこれからのブロックチェーンとは

はじめに 株式会社テックビューロが提供する「COMSA」は、日本で施行されている仮想通貨法案に準拠したICO(Initial Coin Offering)を各企業が一括して行う事が可能なICOプラット …

Blockchain EXE、1月にニューヨークで世界最大手ブロックチェーン企業ConsenSysと共同イベント開催

米ブロックチェーン企業最大手ConsenSysと共催 Blockchain EXEは、世界最大手のブロックチェーン企業である米ConsenSys(コンセンシス)と共同で、ブロックチェーンのミートアップ …

BlockchainEXE第9回イベント:ブロックチェーンが築く経済圏 将来展望と課題

BlockchainEXE第9回イベント:ブロックチェーンが築く経済圏 将来展望と課題 ブロックチェーン関連分野における技術共有、発展、応用に重きをおいたMeetupイベント、Blockchain E …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ