fbpx

サイドチェーン ブロックチェーン 応用 技術

ブロックチェーンを拡張する応用技術『サイドチェーンとは?』

投稿日:

サイドチェーンとは

サイドチェーンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?サイドチェーンとは、ブロックチェーンをカスタマイズして拡張性を持たせる目的で作られており、複数のブロックチェーン間でやり取りを双方向で行うことができます。サイドチェーンは2014年に米国のBlockStream社によって初めて実装に関するホワイトペーパーが発表されました。

なぜサイドチェーンが注目されているのか

サイドチェーンは、ブロックチェーンの機能を拡張することを主な目的として開発されました。ビットコインは世界的な注目を集め、多くの人に利用されてきましたが、デメリットとして、送金手数料が高くなってきている、トランザクション速度が追いつかず、取引のための処理に時間がかかるなどの問題がありました。

ブロックチェーンの課題

一方で、これらの問題を解決するために、ビットコインの仕様自体を変更することは、コンセンサスを得ることが非常に難しいです。また、独自のブロックチェーンを別で作ることも、十分なマイニングパワーを確保することが難しいという問題がありました。これらの問題を解決するために開発されたのがサイドチェーンです。

メインチェーンとの違いはなにか

サイドチェーンは、メインチェーンとは別のブロックチェーンを作り、メインチェーンとサイドチェーンをPegという方法で結びつけます。このPegを通じて、デジタルアセットのやり取りを可能にします。

サイドチェーンのメリット

メインチェーンとサイドチェーンの両方で、トランザクションの並列処理を行うことで、トランザクション処理の高速化を実現できます。また、イーサリアムのようにスマートコントラクトのコードを全てメインチェーンに記述していると、ハッキングされた際に被害が甚大となるリスクがありますが、サイドチェーンにスマートコントラクトのコードを記述しておくことで、ハッキングされてもサイドチェーンを切り離すことで、被害を最小限にすることができます。

サイドチェーンのデメリット

メインチェーンだけでなく、サイドチェーンとメインチェーンの間の取引も承認しなければならないため、承認作業量の増加が懸念されます。必要な処理量を確保できる仕組みを持つサイドチェーンを開発する必要があります。また、メインチェーンとサイドチェーンの間のやり取りの脆弱性を指摘されることがあり、セキュリティ面が懸念されています。

サイドチェーンプロジェクト

Liquid

Liquidは、Blockstream社によって開発されたサイドチェーンです。世界中の取引所、ブローカー、金融機関などのニーズに対応するために、高速処理を実現します。

Rootstock

Rootstockは、ビットコインのネットワークにサイドチェーンを実装し、スマートコントラクトを導入しようとするプロジェクトです。

Lisk

Liskは前述のRootstockと同様、スマートコントラクトを導入するものですが、dApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームを介して運用されることが特徴的です。

まとめ

サイドチェーンは、ブロックチェーンの機能を拡大し、これまでブロックチェーンが抱えていた問題を解決できる新たな技術です。一方で、さまざまなプロジェクトの開発が進められている途上であり、セキュリティ面などではまだ課題が残ります。今後の展開から目が離せません。

イベント情報をチェック

-サイドチェーン, ブロックチェーン, 応用, 技術

関連記事

ブロックチェーンのユースケースとして医療は外せない!!

ブロックチェーンのユースケースとして医療は外せない ▼目次 プライベートブロックチェーンって結局ユースケースある?という疑問 パブリックチェーンとプライベートチェーン ITベンダーとしてのブロックチェ …

【中国開催:Blockchain EXE × 8BTC #1】AI×ブロックチェーン:ZhanKai Ma氏、Bo Peng氏

ブロックチェーンの本を一ヶ月間一日一冊読破して得たこと | ZhanKai Ma氏 捜狗拼音輸入法の生みの親、そして”TomatoWallet”の創設者でもあるZhanKai Ma氏は近頃「一ヶ月間ブ …

EXE11イベント(2) EV充電器『Ella』のP2P認証、電力取引市場への適用 |柴田 知輝  株式会社ジゴワッツ

EV充電器『Ella』のP2P認証、電力取引市場への適用 | 柴田 知輝 株式会社ジゴワッツ 株式会社ジゴワッツ 柴田 知輝氏 京都大学大学院でオンデマンド型家庭内直流送電網の研究。修士課程を修了後、 …

【Blockchain EXE × ConsenSys】アメリカ・サンフランシスコでブロックチェーンイベントを開催

Blockchain EXE 二度目のサンフランシスコ開催【前半】 みなさんこんにちは!2018年10月12日にBlockchain EXEをサンフランシスコにて開催してまいりましたのでサンフランシス …

SECが仮想通貨のインサイダー取引や価格操作を行う人を密告したら報酬を渡す声明!進む社会整備

米規制当局のスタンス SECは仮想通貨に肯定的見解か? 2月6日、SEC(米国証券取引委員会)は米国議会と初の会合を行いました。この会合が開かれるまでは、仮想通貨投資家らから不安視する声がありましたが …

イベント情報をチェック
プロフィール
Blockchain EXEはブロックチェーンの動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。
FBコミュニティ