Fintech 企業 海外

シンガポール金融管理当局MASがブロックチェーンサービスの導入を開始

投稿日:2017年11月2日 更新日:

はじめに

シンガポール金融管理局・通称MASが2017年10月5日、ブロックチェーン技術/DLT(分散台帳技術)を利用したサービスの開発内容を発表しました。

ブロックチェーン/DLTは金融業界全体のイノベーション推進における中核を担う技術です。

彼らは、その技術を利用した銀行間での送金に関するソフトウェアプロトタイプの開発に成功しています。

Project Ubinとは

MASは、シンガポール銀行協会・通称ABSとともに「Project Ubin」という、ブロックチェーン/DLTを活用した銀行間での送金プロジェクトを進めてきました。DLT上にシンガポールドルをトークン化する実験です。

11の金融機関と5つのテクノロジー企業と共に実施されたこのプロジェクトは、ブロックチェーンを使用して、銀行利用者が長い処理時間、高額な手数料、また仲介者を必要とせずに直接送金できるシステムの開発を目指しています。

Project Ubinに参加する機関・企業

Project Ubinに参加しているのは以下11の金融機関です。

  • クレディ・スイス
  • バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ
  • シティ
  • DBS銀行
  • 香港上海銀行
  • JPモルガン
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ
  • 華僑銀行
  • シンガポール証券取引所
  • スタンダードチャータード銀行
  • ユナイテッド・オーバーシーズ銀行

世界のトップレベルの金融機関が集っていると言えます。

またブロックチェーンによるプラットフォーム開発には、以下のの5つのテクノロジー企業が参加しています。

  1. アクセンチュア
  2. R3
  3. IBM
  4. ConsenSys
  5. Microsoft

どこもブロックチェーン開発で注目を浴びているテクノロジー企業・組織です。

ブロックチェーン技術によってシンガポールが目指すもの

シンガポールは「スマート・フィナンシャル・センター」という大きな目標を掲げ、シンガポールの金融エコシステムによるDLT研究分野でのリーダーシップ確立を目指しています。その上でProject Ubinは重要な位置づけとなるプロジェクトなのです。

DLTの及ぼす影響・メリットをあらゆる角度から探ろうとしているアジアにおいて、シンガポールは最初の重要な金融センターになりつつあります。

参考サイト:MAS公式サイト

イベント情報をチェック

-Fintech, 企業, 海外

関連記事

BlockchainEXE第4回イベント:ブロックチェーン技術の活用ポイント

第四回ブロックチェーンイベント ついにEXEも4回目を迎えました。今回も100人を超える参加者にお集まりいただき過去最多の参加者数となりました。ブロックチェーンへの関心が高まってきているからこそ、実践 …

国内のおすすめブロックチェーン勉強会・イベント・セミナー7選(17年12月版)

はじめに 仮想通貨による投資セミナーのような勉強会ではなく、「今業界で何が起きているのか?」「ブロックチェーンの仕組みを理解する」という部分に重きをおいたイベントをまとめました。 「〜ICO25百万ド …

アリババ(阿里巴巴集団)はブロックチェーンでなにをするのか

はじめに 中国の大きな問題となっている食品偽装問題に対して、アリババはブロックチェーン技術を用いて不正是正を行う準備を始めています。特にオンラインでの販売を基本とするアリババは深刻な食品偽装に関する早 …

Microsoftが一般向けのブロックチェーン基礎概要のアニメ動画を公開

先端技術のアニメーション動画 Designed by Freepik Microsoft社は2017年から一般の人向けに技術説明アニメを制作しています。 少しでも多くの人が先端テクノロジーを理解できる …

ビットコインとは?日本経済から見る非中央集権型社会のこれからと未来

はじめに 分散型社会は世の中に浸透しつつあります。イスラム国(IS)は分散型コミュニティの大きな象徴であり、彼らは分散型国家であるが故に、様々な国で突発的にテロを起こし、一つの国家では立ち向かえないほ …